合同会社リベラルアーツ

【プログラマ募集中!】
プログラマのあなたに伝えたい
リベラルアーツの3つの魅力

本気で開発できる自由な働き方があります!
「年間休日140日以上、フルフレックス&リモートワーク」を
実現したリベラルアーツの開発環境をご紹介します。

\ご応募お待ちしてます!/

はじめに

リベラルアーツでは世の中の多くの会社に設けられている”枠組み”を取り払うことで、本当の意味でプログラマが働きやすい環境を生み出しました。
「プログラマが働きやすい環境」には何が必要なのでしょうか?

  • ●立派なオフィス
  • ●権限を持てるだけの力のある役職
  • ●後々変更が出ないように漏れなく定められた仕様書
  • ●残業0、定時できっちり上がれる労働時間

…でしょうか?
リベラルアーツにはどれもありません!!!
「ブラック企業じゃん!」と思われたかもしれませんが、違います。
当社ではあえてそれらをなくすことで、プログラマが自由に働ける環境を実現しました。

プログラマのあなたが会社に求めるものは何ですか?
もしもあなたが「開発の楽しさ」「労働環境のよさ」「スキルアップできる環境」を求めているなら、当社にはその全てがそろっています。
当社のプログラマが一体どんな環境でどんな風に働いているのか?
リベラルアーツの自由な働き方をご覧ください!

1.好きなプロジェクトに参加して自由に作る!「開発の楽しさ」

リベラルアーツの開発現場には、役職と仕様書が存在しません。
そんなものがない方が、プログラマが自由に動けるからです。

役職・肩書きなしの開発

リベラルアーツには役職も肩書きがなく、全員がフラットな関係。
上司から仕事を振られることがないので、言うなれば常にフリーの状態です。
それならば何がきっかけで仕事が始まるのか?
自分で参加したいプロジェクトを決めるのです。
当社は100%自社サービスの開発をしており、プロジェクトの企画もスタッフ自身で立ち上げます。

  • 1.自分でサービスを企画してプロジェクトを立ち上げる
  • 2.他のスタッフが企画したプロジェクトに参加する

どちらの方法を取っても構いません。
あなたの参加したいプロジェクトに参加し、作りたいサービスを作ってください。
当社では「やりたいことに情熱を注いだ方がいいものが開発できる」と考えております。
リベラルアーツは何よりもあなたの「こんなことがやりたい!」という気持ちを尊重します。

仕様書なしの開発

リベラルアーツでは、開発時に仕様書を作りません。
仕様書を作らないことで、当社のプログラマは柔軟に開発を行うことができます。

そもそも仕様書とはなんのために必要とされているでしょうか?
開発の現場における仕様書の主な役割は

  • 1.多くのメンバーが関わる大規模なプロジェクトの中で、各工程の開発担当者間で認識や仕様にズレが出ない様にする役割
  • 2.受託案件において、発注先に「こういった内容で開発します」と宣言するための契約書のような役割
  • 3.保守担当のための引き継ぎ資料としての役割

だと思います。

リベラルアーツの開発では仕様書を必要としません。
なぜなら当社は下記のような開発環境だからです。

  • 1.少人数制プロジェクト。メンバー間で密にコミュニケーションを取って開発
  • 2.100%自社サービス開発
  • 3.工程別の分業開発ではなく(企画⇒)開発⇒運用・保守の一連を担当

当社の事業は自社のオリジナルWebサービスの開発です。
Webサービスはリリースすることがゴールではなく、長期的な運用の中で開発を行うものです。
開発〜運用をしていく中でたえず市場の状況やユーザーの要望は変化していくため、企画段階から予めその全てを予見して完璧な仕様書を用意することは不可能です。
後々どうせ変更する仕様書を作るのに何日もの時間をかけるよりは、「プロジェクトメンバー間での意見交換や提案に力を入れたい」「一日でも早くリリースして、実際にサービスを使ったユーザーの声を反映させたい」というのが当社の考え方です。

当社は、

  • ・市場の状況やユーザーの要望を見極め、柔軟に仕様を変更したい方
  • ・用意された仕様書通りに開発するのではなく、主体的に仕様を提案したい方
  • ・チームのコミュニケーションを大切にしたい方

に向いている職場だと言えます。
リベラルアーツのプログラマは、仕様書がない代わりに密にプロジェクトメンバーと連携し、実装するシステムの仕様や優先度を決めて開発をしています。

2.自由に働ける!「労働環境のよさ」

当社には立派なオフィスも定時も存在しません。
なぜなら働く場所も時間も自由だからです。

決められたオフィスのない働き方

リベラルアーツでは、リモートワーク制度を導入しており、好きな場所で働くことができます。
当社のスタッフは自宅でもオフィスでも、カフェでも好きな場所で働くことができます。
実際に本社から遠く離れた埼玉や長崎の自宅でフルリモートワークをしているスタッフもいます。
物理的な距離は離れていますが、開発には何の障害にもなりません。
当社のスタッフはチャットで連携をとりながら協力して開発を進めています。

そんな労働環境であるため、当社は「立派なオフィス」というものにはあまり執着がありません。
立派なオフィスは確かに魅力的です。
ですが当社はリモートワークを活用している会社ですので、会社の外箱にお金をかけるよりは、中身であるスタッフにお給料や福利厚生といった形で還元することを優先しています。
そんなわけで今当社にあるのは、全国各地の小さなオフィスだけです。
(でも、小さいながら居心地はいい空間です!)
リベラルアーツにとってのオフィスとは、毎日決まった時間に必ず行かなければならない場所ではなく、行きたいと思う時に行ける場所のことです。

当社のプログラマは通勤にも勤務地にも悩まされず、好きな場所で開発することができます。

定時のない働き方

リベラルアーツではフルフレックス制度を導入しており、就業時間というものを定めていません。
働く時間は自分で決めます。そのため、定時や残業という概念自体が存在しません。会社はスタッフを信頼し、就業時間の管理をしていません。それぞれが自己管理の元、仕事をこなしています。

人によってライフスタイルは違います。
プライベートの都合によって、朝早く働きたい人もいれば夜遅くに働きたいという人もいるでしょう。
集中できる時間も人によって違います。
朝の方が集中できる人もいれば、逆に夜中の方が仕事が捗るという人もいます。
それなのに皆が一律で会社が定めた就業時間に働かないといけないのでしょうか?
用事がある日や気分が優れない日は早く仕事を切り上げ、逆に気分がノっている日は好きなだけ働く。当社では、一番開発に集中できる時間を就業時間にあてることができます。

また、エンジニアの頭を悩ます夜間の緊急トラブル時にもフルフレックス制度が活用できます。
夜通し対応をしなければならない状態。しかし翌日も始業時間は決まっている。眠れない…。プログラマの方なら一度は経験があるのではないでしょうか?
就業時間が定められているからと言って、夜間対応で疲れた身体で仕事をしても作業効率は上がりません。
ですがフルフレックスという働き方なら、無理なく働くことができます。

正直な所、当社でもサーバーの不具合による休日や夜間の対応が発生することがあります。
しかし夜中に働いて疲れた分、翌日の朝はゆっくり眠ることもできますし、休みの日に対応が入ってしまったら別の日に代休を取ることも出来ます。(フルフレックス制度は時間だけでなく、働く曜日も自分で調整できます。)

リベアルアーツでは働く時間も曜日も管理するのは会社ではなく自分です。
当社では「いつ、どれだけPCの前に座っていたか」ではなく、
「自分の100%の力を発揮して仕事ができたか」が大切だと考えています。

自由に働いて、毎日を充実させる。
その分やることをきっちりやって生産性や売上を落とさない。
リベラルアーツのプログラマはそんな働き方をしています。

3.なりたいプログラマになれる!「スキルアップできる環境」

リベラルアーツのプログラマは会社の定めた役割や開発環境に縛られることなく、好きなことに挑戦できます。

自分で決めるキャリアアップ

当社のスタッフは、便宜上、それぞれ「プログラマ」「デザイナー」などと名乗ってはいますが、会社側が職種で分類をしているわけではありません。
皆それぞれが自分の得意分野を肩書きとして名乗っているだけです。
「プログラマ」「デザイナー」と名乗りつつ、それぞれが自分の特性を活かしてプランナーやディレクターやマーケターやフロントエンジニアを兼任していたりします。
ですので、もしあなたが望みさえすれば、開発だけではなく企画やディレクションなどにも携わっていただけます。

逆に、他分野には脇目も振らず「プログラマの道を極めたい」という方もいると思います。
それもまた構いません。
好きな言語を極めてもいただいてもいいですし、様々な言語に挑戦していただいても構いません。

プログラマのスキルアップを応援するバックアップ制度

当社はまだまだ人数も少なく、技術力も未熟な会社です。
しかしその分スタッフが勉強しやすいように、下記のような環境を整えています。

  • ★「スキルアップ応援制度」でスキルアップに必要な技術書やセミナー代を会社が全額支給します
  • ★技術指導の社外顧問と契約しており、どうしても自分で解決できない問題に突き当たってしまった時はチャットで相談することができます

もちろん何を勉強するかも自分次第です。上記の制度を積極的に活用して、好きなことを勉強することができます。

当社は、スタッフそれぞれが得意分野を伸ばすことでチームとしてできることを増やしたいと思っています。
そのためスタッフの学びたい気持ちを全力で応援します。
リベラルアーツには、自分の気持ち次第でどんなプログラマにでもなれる環境があります。

最後に

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!
あなたの求める働き方はリベラルアーツにありましたでしょうか?

サイト内の他のページにはまだまだここに書ききれなかった当社の紹介やメッセージがたっぷりと詰まっています。
もしも当社に興味をお持ちいただけたなら、目を通していただけると嬉しいです。
そして、当社の働き方に共感していただけたなら、ぜひご応募ください。

【応募方法】
Web履歴書の送信をもって応募とさせていただきます。
(下の[履歴書送信フォームはこちら]から履歴書送信フォームのページに飛ぶことができます。)
※ポテンシャル採用(新卒/既卒/実務未経験者)の方は事前課題としてレポートを提出していただきます。
履歴書の提出よりも先に課題レポートを送信してください。
(下の[課題レポート送信フォームはこちら]からレポート送信フォームのページに飛ぶことができます。)
履歴書とレポートの両方の提出をもって応募とさせていただきます。

あなたからのご応募をお待ちしております。

エントリーエントリー
×
わたしたちの会社に興味を持っていただきありがとうございます。

当社の紹介・採用案内をご覧になり、採用選考にご応募頂ける方は下記のボタンをクリックして応募フォームへお進み下さい。Web履歴書の送信をもって正式なエントリーとさせていただきます。

※ポテンシャル採用(新卒/既卒/実務未経験者)の方は履歴書の前に課題レポートをご提出ください。

応募フォームに進む
課題レポート送信フォームに進む