合同会社リベラルアーツ

ディレクション業務

業務内容

【主な業務】

  • ●プロジェクト管理
  • ●新サービス開発の企画・運営 など

プロジェクトのディレクションを行います。

プロジェクト管理はいわゆる「Webディレクター」として「プロジェクト(サイト開発)の全体を広く見る」仕事です。

当社ではディレクターというディレクション専門の職種があるわけではなく、デザイナーであれプログラマであれ、職種に関係なくディレクションを担当します。
その理由は「自ら企画・提案できる技術者」になるためです。
現在はちょっとしたWebデザインやプログラムは、知識がない人でもWebサービスやツールを使えば簡単に作ることができてしまう時代です。 そんな時代に”言われた仕様のものだけを作る”技術者は、今後のWeb業界で本当に生き残れるのでしょうか?
私たちはこれからのWeb業界で確実に自立し活躍できる技術者になるためには、”サイトを企画し、どうすれば売上に繋げられるかを提案できる”技術者でいなければならないと考えています。
そのため、当社はスタッフ全員が技術だけではなく、サイトをディレクションする力も日々養っています。

ディレクションを行うスタッフは、プロジェクトの指揮者としてプロジェクトの進行管理をします。 プロジェクトに関わっているメンバーと連携し、サイトの作成やその後の運営・管理をしていきます。
やり取りするメンバーは社内のスタッフだけでなく、場合によっては外注スタッフさんであったり様々です。もちろん技術的な作業を担当することもあります。(例えばディレクションだけでなく、デザインも自分が担当するなど)
自分の作業、自分以外のメンバーの作業、外注スタッフさんなどのプロジェクトに関わる全ての人を指揮し、サービスを作り上げます。それだけでなく、収益化へ結びつけて事業として成功させていく過程も同時にマネージメントします。

リリース後の運用を見据えて
サービス開発の企画・運営を担当します。

プロジェクト管理と合わせて、ディレクション担当者は下記の内容についても考える必要があります。

【企画】…どんなサイトを作るか?

  • ・収益化の方法
  • ・初期コストはどれくらい?
  • ・サイト名の提案
  • ・ドメイン(URL)の提案

【市場調査】

  • ・競合サイトの調査
  • ・運営にかかるコスト
  • ・制作までにどれくらいの期間が必要か
  • ・収益化までどれくらいの期間がかかるか

【制作】

  • ・プロジェクトの進捗管理
  • ・今ある技術や資本で実現可能かどうか、実現するにはどうしたらいいかを判断する

その後の運営

  • ・流行らせるには?ユーザー数を伸ばす方法を考える
  • ・保守。サイトが正常に稼働しているかの確認
  • ・更新が必要なサイトであれば更新作業
  • ・毎回繰り返して行う作業(ルーティンワーク)を減らすための効率化・自動化を提案
  • ・サイトの機能や使い勝手の改善、SEO対策など
  • ・コスト管理(サーバー・人件費)
  • ・収益化後の売上管理
  • ・サイトが流行らなかった時の対処・撤退判断

などなど…。
他社ですとプログラマもデザイナーも、技術者は基本的に上司やクライアントから指示されたものを作ります。しかし当社では技術者であっても企画から行うことができ、また自分自身に足りない技術も他のスタッフと補い合えるため、技術者でありながら作りたいサイトやサービスのプロジェクトを立ち上げ、ディレクションをすることが可能です!
もちろん自分以外のスタッフが企画したプロジェクトでも、興味があればプロジェクトの技術担当者として参加することもできます。

スタッフ全員の作業風景

エントリーエントリー
×
わたしたちの会社に興味を持っていただきありがとうございます。

当社の紹介・採用案内をご覧になり、採用選考にご応募頂ける方は下記のボタンをクリックして応募フォームへお進み下さい。Web履歴書の送信をもって正式なエントリーとさせていただきます。

※ポテンシャル採用(新卒/既卒/実務未経験者)の方は履歴書の前に課題レポートをご提出ください。

応募フォームに進む
課題レポート送信フォームに進む