合同会社リベラルアーツ

昇給・給与体系

昇級・給与体系について

当社の昇給と給料について簡単にご紹介しておきます。

給与賃金表 ←こちらは現在当社が使用している給料賃金表です。

入社1年目は年齢に関わらず
【レベル1:300,000円】
の階級と給料からスタートします。
そこから毎年必ず1レベルずつステップアップ(昇給)していきます。
現状ですと勤続2年目の場合は310,000円の給料になります。
現在の当社のベース給は左図にある通りで、皆で仕事を頑張って会社の売上が上がるとベース給自体が上がる仕組みになっています。
(ただし、ポテンシャル採用の場合は20万円からのスタートで毎年1万円ずつ上がっていき、3年目以降から左図のテーブルのレベル3の金額に変わります。)
頑張って売上を上げた分だけ給料として全スタッフに還元されます。

(実際に2012年9月・2013年9月・2014年7月・2015年4月・2016年6月にベース給がアップしました!)
※ただし基本給の上限は40万円までです。(基本給+福利厚生+ボーナスで年収上限1000万円です)
【ブログ】当社の給与アップについて(2016年6月の給料アップ時の記事です。)

基本給上限について

2016年6月からのベース給アップでは、基本給が月収40万円までという上限が設定されました。(それまでベース給は25万円スタート・上限はありませんでした)
もし上限がなければ、年齢や勤続年数に合わせて低めに設定した基本給から年に1万円ずつ昇給します。
そして年齢が上がれば上がるほど基本給が上がり、退職前の60歳辺りで最も基本給が高くなることになります。
しかし人生で本当にお金がたくさん欲しい時期、仕事に打ち込める時期は、果たして60歳なのでしょうか?
リベラルアーツでは体力があり、仕事に時間を割ける若い層の給与を手厚くすることで、よりモチベーション高く仕事に取り組み成長していって欲しいと考えました。
若いうちにこそしっかりとお金を稼ぎ、結婚や出産、家族が病気になった時など、それぞれのライフイベントに備えてしっかりとお金を貯めつつ、本当に必要なことには出し惜しみせず使って欲しいと思います。

評価について

この仕組みだと「成果を出している人が評価されないのは不平等」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし本当にそうでしょうか?人が人の給料査定をすると、どうしてもその人の直近の働き(たまたま査定直前にミスをした等)にだけ目がいきがちになったり、上司も人間ですので無意識に個人的な感情が入ってきたりしてしまいます。その結果、不公平になります。
また当社の場合、デザイナーはデザインだけ、プログラマーはプログラミングだけをやればいいという概念がなく、各自が各自のスキルに合わせて幅広い業務を、職種の垣根なく担当しています。ですので、他社のように職種別に給与を設定したり成果を評価することも難しいのです。
このように、当社では人が人の評価をしないという考えから、ベース給と個人の昇給基準を明確に固定することで不公平さをなくすだけでなく、更に給料査定に伴う時間や労力を節約しています。
そして一定期間だけではありますが、毎年昇給が決まっていることで何歳にはいくら位貰えているかが明確になり、スタッフの将来に対する不安を拭い将来設計をしやすくしています。
他にも福利厚生面を充実させることにより、給与以外の面でもなるべく売上をスタッフに還元できるようにしています。

上記の給与体系以外で働きたい場合

基本方針としては上記のような「年功序列(上限あり)」としていますが、人によっては

  • ・年功序列ではなくその年の自分の成果に見合った報酬が欲しい
  • ・基本は年功序列で少しだけ成果報酬の部分を加えて欲しい
  • ・来年は仕事量を半分にして給料も半分にしたい

などの考えの方もいます。
現在の給与体系一つの枠組みですべてのスタッフのライフスタイルに合わせるのは難しいので、リベラルアーツでは「グレートジャーニー制度」を利用して、各自の人生プランに合わせて給与と勤務時間のバランスを柔軟かつ自由に設定できるようにもしています。

利益分配金(ボーナス)について

毎月利益から一定の割合を支給対象人数で割った金額を積み立て、毎年1月に利益分配金(ボーナス)として支給されます。
「成果を出した人に対して不公平な仕組みじゃないか?」と思われるかもしれませんが、リベラルアーツではそれぞれが100%の力を出して頑張ることで、チームとして成果を上げています。「成果を出せるのは他のスタッフとの助け合いがあってこそ」という考えの元、個別に評価して成果を割り振るのではなく成果はチーム皆で分け合います。

【ルール】
・利益の一定割合を利益分配金(ボーナス)として支給する
・利益分配金(ボーナス)の金額を支給対象者の人数で割る。その際個人差はつけない
・入社1年目から支給対象となる
【メリット】
・頑張った分が目に見える形で還元される
・お金の流れの判断がしやすくなるので経営者感覚が養える
・経営者の気持ち一つではなく、公平かつ合理的にボーナスを支給できる
・毎月の積み立て方式なので、今年のボーナスがいくらくらいになるか把握できる

当社では全スタッフに経理情報(収支表)を公開しているため、スタッフは毎月どれくらいの金額がボーナスとして積み立てられているのか把握する事ができます。
人為的に査定するのではなく、純粋にスタッフの頑張りによって上がった利益を還元できる仕組みを導入しています。

エントリーエントリー
×
わたしたちの会社に興味を持っていただきありがとうございます。

当社の紹介・採用案内をご覧になり、採用選考にご応募頂ける方は下記のボタンをクリックして応募フォームへお進み下さい。Web履歴書の送信をもって正式なエントリーとさせていただきます。

※ポテンシャル採用(新卒/既卒/実務未経験者)の方は履歴書の前に課題レポートをご提出ください。

応募フォームに進む
課題レポート送信フォームに進む